インプラント

歯をよみがえらせるインプラント治療

インプラントとは

よくかめる・美味しく食べられる・見た目にも美しい、天然の歯に最も近い人工歯です。

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

移植とインプラントの違い

インプラント

最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)と言います。

一方インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工肝臓や人工関節などが、それにあたります。歯科インプラントも同じように歯の根の代わりをする金属(チタン)などの人工材料を利用しています。

インプラント目次