インプラント

インプラント治療をお考えの方へ

安心してインプラント治療を受けて頂くために

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。当院では、最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を施術しており、必要に応じ、治療前に病院でCT撮影を行うようお願いしています。病院でCT撮影を行い、当院で、最先端のコンピュータシステム=SimPlant にて情報を解析、あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新方法です。

SimPlant1

なぜCT撮影が必要なのでしょうか?

歯医者さんでよく行うⅩ線撮影は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、あごの骨の硬さや形を調べる事が重要になります。

あごの骨の状態は、骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。CTで撮影した画像からは、あごの病気や神経の位置なども調べる事ができます。

SimPlant1

CTで撮影した画像は、どう使われるのですか?

CTで撮影した画像は、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)に取り込まれ、コンピュータの画面上であごの骨の状態を見ることができます。(3次元画像で、コンピューター上でインプラントのシュミレーションをします。) 骨の形状ばかりでなく、密度硬さも事前に把握できます。

インプラント目次