インプラント

インプラント治療と従来の治療の違い

1本だけ歯を失った場合

従来の治療

従来の治療 : 虫歯がない歯を削るなんて

失った歯の両側の健康な歯を削って、ブリッジを取り付けます。

インプラント治療

インプラント治療 : 両側の健康な歯は削りません。

抜けた所へインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けます。見た目にも自然です。

数本の歯をなくした場合

従来の治療

従来の治療 : 入れ歯に異物感を感じて慣れない

入れ歯は慣れるのに時間がかかり、支えている健康な歯と歯ぐきにも負担が大きくなります。

インプラント治療

インプラント治療 : 歯のない所へインプラントを埋め込みます

入れ歯と違って金具が見えず天然の歯のようにかむことができます。残った歯にも負担をかけません。

上顎または下顎の歯をすべてなくした場合

従来の治療

従来の治療 : 上顎または下顎の歯をすべてなくした場合

総入れ歯では部分入れ歯以上に不安定でかむのに苦労し、発音もしにくくなります。

インプラント治療

インプラント治療 : 総入れ歯でも固定できます。

インプラントを数本埋め込み、入れ歯を固定します。天然の歯のように食事が楽しめます。

インプラント目次